エコノス株式会社 econos

リスマサポートページ

リスマのよくあるご質問

■ 導入について
Q.契約前に一度試してみたいのですが?
A.「リスマ無料試用版お申込みフォーム」からお気軽にご依頼下さい。製品版同等でお試し頂ける試用版ライセンスシリアルキーを発行致します。
Q.クラウド環境上で動作しますか?
A.リスマはローカル環境のみの対応となります。(クラウドには対応しておりません。)また「読み込み元」や「保存先」にクラウド環境や NAS(ネットワーク HDD)等の共有環境を設定されますと動作不良となります。
Q.海外で利用できますか?
A.リスマは日本国内でのみご利用頂けるサービスです。海外からは利用できません。
Q.Macで利用したいのですが?
A.申し訳ございません。弊社ソフトは全てWindows環境が必要となります。お手数ですがWindows環境のご用意をお願い致します。(なおWindows Server等クラウド環境では動作致しません。)
Q.セキュリティ対策はどうなっていますか?
A.リスマには、ウイルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬、ランサムウェア、バックドア等のマルウェアは含まれません。安心してご利用下さい。
Q.ライセンスシリアルキーとは何ですか?
A.リスマ内のそれぞれのツールを起動させる際に必要となる鍵のことです。ライセンスシリアルキーをリスマに認証することで製品をご利用頂くことが可能になります。
Q.1ライセンスで何台でも使えるのですか?
A.リスマを複数のパソコンにインストールして頂くことに問題はございません。ただしリスマ内の同ツールの同時利用は1台のみとなりますので、ツールのご利用状況にご注意下さい。
(検索中に別のパソコンで認証動作をされますと、先に認証されていたパソコンは試用版となり検索は停止します。ただし、中断するまでに検索されたリストデータは「保存先」ボックスに指定した場所・ファイル名で出力されています。)
Q.バージョンアップはどのようにするのですか?
A.新バージョンがリリースされている場合、アプリケーション起動時にお知らせが表示されますので案内に沿ってバージョンアップをお願いします。(旧バージョンをアンインストールする必要はございません。)
Q.再度認証するにはどうしたらよいのですか?
A.ホーム画面の「シリアルキーを変更」をクリックし、シリアルキーが入っている状態のまま操作をせず「認証する」をクリックして下さい。またインターネット環境も合わせてご確認下さい。(オンラインである必要があります。)
Q.パソコンを入れ替えたいのですがどうすればいいですか?
A.新しいパソコンにリスマをインストール頂きライセンスを認証することですぐに利用可能です。アプリケーションダウンロードURL・ライセンスシリアルキーはお申し込み時にメールでご案内しております。紛失等で不明な場合はお問い合わせ下さい。
Q.試用版と製品版で検索速度は同じですか?
A.検索速度に差異はございません。
■ リストを作成する「リスタ」について
Q.リスタではどのようなリストが取得できますか?
A.Web 全体から自由なキーワードで関連する企業リストの作成が可能です。「キーワード検索」機能を使ってリストアップ先を指定し特定の Web サイトからのみリストアップすることも可能ですし、「業種×住所検索」機能では業種・地域別に企業リストを作成できます。
また、ハウスリスト(自社保有リスト)に業種・FAX・メールアドレス・問合せURL等を追加したりDM送信の可否をチェックするなど、新規開拓用のリストをオンデマンド作成できます。
Q.検索件数はどのタイミングで消化されますか?検索終了後ですか?
A.データを取得(処理)した時点で検索件数が差し引かれます。検索を中断された場合は、その時点で取得(処理)している件数分が消化されます。間違った設定で検索した場合も件数は消化されますので、検索開始後10件程度取得した段階でデータを確認し検索を進めることをおすすめ致します。(リスタは検索中であっても保存先に指定したCSVファイルを開いてデータを確認することが可能です。)設定方法等不明な場合はお問い合わせ下さい。
Q.残り何件の検索が可能か知りたいのですが?
A.ホーム画面の「件数/ポイント」の項目でご確認頂けます。
Q.残っている検索件数は翌月以降どうなりますか?
A.ご利用されなかった検索件数は翌月に繰り越されます。(ご契約が続く限り全て繰り越されます。ただし解約時をもってすべての件数は失効します。)
Q.検索件数の上限に到達してしまいました。どうしたらいいですか?
A.追加で検索件数をご購入頂くことが可能です。また恒常的に件数が超過する見込みでしたらエディション変更も承っております。ご相談下さい。
Q.取得スピードを速くしたいのですがどうすればいいですか?
A.申し訳ございません。ご提供の状態が最も速く収集できる設定となっております。検索エンジンを介して収集するという特性上、検索スピードを速くすることは難しくなっております。
Q.検索スピードが異常に遅くなりましたがなぜですか?
A.複数の条件を重ねての設定や検索キーワードを多数列挙するなどの場合検索速度が遅くなります。また長時間検索をかけ続けることも速度低下の原因となりえます。(再起動をおすすめします。)
Q.重複データを省く、既に保有しているリストとのマッチング、差分出力を
行いたいのですがどうすればいいですか?
A.リスタの出力データは汎用性の高いCSV形式のため、ExcelやAccessをはじめ様々なソフトでご利用可能です。またリスマ内の「リスツール」というツールで簡単に処理をすることが可能です。ぜひお問い合わせ下さい。
Q.同じ検索を定期的に行うのですが、その都度検索設定を作成しなければなりませんか?
A.作成した設定を保存することが可能です。右上の新規保存アイコンをクリックし、任意の名前を付けて設定を保存することができます。次回は保存したリスタファイルのアイコンをダブルクリックして頂くか、右上のフォルダアイコン挿入をクリックし、使用したい設定を選択することで保存した設定を読み込み、再利用することが可能です。
 ・キーワード検索について
 Q.除外件数とは何ですか? また何件に設定すればよいのでしょうか?
 A.リスタがヒットしたページ内に除外件数として指定した件数以上のTEL番号を確認した時点で、有効な情報ではないと判断し取得対象外にするという設定項目となります。 目安は7~12ですが取得データを見ながら調整が必要です。
 Q.検索アプローチ回数の「カスタム」とは何ですか?
 A.Webに対してどれだけの網目の細かさ検索するかを任意で設定できるオプション項目となります。(数字が大きくなるほど細かく検索を行います。)
 Q.終了のメッセージが出るまで検索し続けた方がいいのですか?
 A.必ずしも最後まで検索し続けて頂く必要はございません。リスタは取得したリストが随時CSVファイルに出力されておりますので、一定時間が経過した時点で検索を止めてリストをご活用頂くことも一方法となります。例えば1時間経過して取得件数が増えないようであればキーワードを変えて検索した方が良い場合もございます。検索方法等不明な点があればお問い合わせ下さい。
 Q.検索時間はどれくらい必要ですか?
 A.キーワード検索の場合、検索条件によって検索時間に大きな差が生じますので、検索の進捗状況から検索時間の想定をお願いします。(例えば進捗(%)が20%に到達するまでに1時間経過していた場合、終了まで5時間程度必要と想定されます。)
 Q.キーワード検索の「企業情報ページ」「Web全体」「URLリスト」の違いは何ですか?
 A.「企業情報ページ」を選択すると会社概要や会社案内を掲載しているページを優先的に検索する設定となります。「Web全体」はWebに掲載されている情報全てが対象になります。「URLリスト」はお持ちのURLリストから検索をすることができます。
 Q.指定したサイトからデータを取得したいのですがどうすればいいですか?
 A.キーワード検索の「Web全体」を選択し「対象ドメイン」の項目に取得したいサイトのトップURLを入力して下さい。(URLはコピー&ペーストがおすすめです。)ただしサイトによって設定方法が異なる場合がございますので、不明な場合はお問い合わせ下さい。
なお、お客様からご要望の多い設定をダウンロードしてすぐに検索頂ける「リスタ設定集」ページをご用意しておりますのでぜひご利用下さい。リスタ設定集: https://www.econos.jp/lista_collection.html
 Q.検索結果に重複データは含まれますか?
 A.1回の検索で同一のTEL番号での重複データは含みません。ただし表記の揺れやその他例外的な理由により一部重複が含まれる可能性があります。
 Q.複数のサイトをまとめて取得することは可能ですか?
 A.可能です。キーワード検索の「Web全体」を選択し「対象ドメイン」の項目に取得したいサイトのトップURLをスペース区切りで入力して下さい。(URLはコピー&ペーストがおすすめです。)ただし複数サイトを一度に検索することで検索時間が長くなったり、トータルでの取得件数が少なくなる可能性もございます。サイトによって状況が異なりますので詳細はお問い合わせ下さい。
 Q.前回検索を行った時点の続きから検索したいのですが?
 A.中断する際に「再開用の設定を保存しますか?」というメッセージが表示されますので「はい」をクリックし、任意の場所に任意の設定名で検索設定を保存して下さい。次回はこの設定を読み込むことで再開が可能です。ただし一度検索を終了しているため、結果に重複が出る可能性がございます。(検索後リストを結合後に重複削除をお願いします。)再開用の設定を保存されなかった場合は、続きからの検索は行えませんのでご注意下さい。
 Q.エリア(都道府県)を絞って出力したいのですが?
 A.「住所フィルタ」項目にご希望のエリアの都道府県名を入力頂くことでCSVに出力する都道府県を絞り込むことが可能です。
 Q.業種を指定した検索を行いたいのですが?
 A.キーワード検索では難しいため「業種×住所検索」のご利用をお勧め致します。ただし特定のサイト内で共通の表記がある場合は、その共通キーワードを指定し取得することが一部可能な場合もあります。詳細はお問い合わせ下さい。
 Q.指定の件数を取得したら検索が止まるように(それ以上件数を消費しないように)
したいのですが?
 A.「出力上限件数」項目にご希望の数値をご入力下さい。指定件数に到達した時点で検索を一時停止します。(続行することも可能です。)
 Q.検索前に何件のリストが取得できるかを事前に知りたいのですが?
 A.Web全体を検索してリストを収集するため、事前に把握することは困難でございます。
 Q.ソースにあるタグをキーにして企業を取得したいのですが可能ですか?
 A.タグを指定した検索はリスタでは難しくなっております。
 Q.海外のリストを作成することはできますか?
 A.リスタでは困難でございます。(リストの受託作成では可能な場合がございますのでお問い合わせ下さい。)
 Q.ヒットしたページのリンク先にある企業情報を収集したいのですが?
 A.直接リンク先のURLを検索することは難しい内容となります。
 Q.Webサイトに表示されている掲載件数と異なる数のリストが出力されるのですがなぜですか?
 A.リスタは検索エンジンを介してリストアップを行うというツールの特性上、Webサイトの掲載件数とは異なるリストアップが行われます。(異常ではございません。)
 Q.検索エンジンの種類は何ですか?
 A.大手検索サイト等6つの検索エンジンを使い負荷分散を行いながら検索をしております。
 Q.従業員規模で絞り込んだ検索をしたいのですが?
 A.検索と同時に絞り込むことは難しいですが、リスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで可能となります。
 Q.設立年で絞り込んだ検索をしたいのですが?
 A.検索と同時に絞り込むことは難しいですが、リスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで可能となります。
 Q.売上規模で絞り込んだ検索をしたいのですが?
 A.検索と同時に絞り込むことは難しいですが、リスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで可能となります。
 Q.本社や本店以外の情報は省きたいのですが?
 A.検索時にあらかじめ除外することは難しいため、取得したリストの名称に○○店・○○支店等が含まれているデータを省いて頂くというご提案となります。またリスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで本社本部機能の判別が可能となります。
 Q.個人の携帯番号情報を収集できますか?
 A.個人の携帯電話番号については情報の付加は難しいですが、サイト内に掲載された電話番号を取得することは可能です。電話番号の取得元URLが「情報出所」として同時に出力されますので、個別に掲載URL内の情報をご確認頂くご案内となります。
 Q.オプション項目 メールアドレス「キーとなる電話番号付近のメールアドレスを取得する」「すべてのメールアドレスを取得する」
 A.「キーワード検索」は指定キーワードをもとに企業検索を目的に行います。「キーとなる電話番号付近のメールアドレスを取得する」は、検索時にヒットしたページのTEL番号付近にメールアドレスが存在した場合に同時に収集します。「すべてのメールアドレスを取得する」はヒットしたページ内にあるメールアドレス全てを取得します。これにより指定キーワードとの関連性が薄いメールアドレスも取得されますので、ご利用の際は精査が必要です。
 Q.メールアドレスがついたデータのみを出力することは可能ですか?
 A.検索時点でメールアドレスが付加されたデータのみ出力することは難しいため、出力されたデータからメールアドレスが付加されたデータを抽出して頂きますようお願い致します。
 ・業種×住所検索について
 Q.業種×住所検索の業種が空白で何も選べないのですがどうしたらいいですか?
 A.初めてお使い頂く場合業種の欄は空欄となっておりますので、黄色いバーで表示される「最新の業種一覧を取得できます」の「確認」ボタンをクリックし業種を取得して下さい。
 Q.検索前に何件のリストが取得できるかを事前に知りたいのですが?
 A.「件数の確認」ボタンをクリック頂くことで検索前におおよその件数を知ることができます。
 Q.選択できる業種を確認する方法はありますか?
 A.業種選択画面下部の「業種一覧をCSVで出力」をクリック頂きますと登録されている業種の一覧表をCSVファイルで出力することが可能です。(既定ファイル名は「出力」となりますが変更して頂いても問題ありません。)
 Q.検索結果に重複データは含まれますか?
 A.複数の業種に登録がある場合等重複データが出力されます。またTEL番号の掲載のないデータも含まれます。
 Q.業種×住所検索が取得0件で終了になるのですが?
 A.条件の絞り込みが厳しくリストアップ対象がなかった可能性がございますが、エラーの可能性も考えられますのでお問い合わせ下さい。その場合どのような条件で検索されたかもご連絡頂きますようお願い致します。
 Q.検索時間はどれくらい必要ですか?
 A.おおむね1時間で5万件程度の取得が可能です。(あくまで目安となります。ただしお客様のご利用環境によって検索スピードには差異が生じますのであらかじめご了承下さい。)
 Q.従業員規模で絞り込みをしたいのですが?
 A.収集時に絞り込むことは難しいですが、リスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで可能となります。
 Q.設立年で取得したいのですが?
 A.収集時に絞り込むことは難しいですが、リスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで可能となります。
 Q.売上規模で絞り込んだ検索をしたいのですが?
 A.検索と同時に絞り込むことは難しいですが、リスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで可能となります。
 Q.本社や本店以外の情報は省きたいのですが?
 A.検索時にあらかじめ除外することは難しいため、取得したリストの名称に○○店・○○支店等が含まれているデータを省いて頂くというご提案となります。またリスマ内の「リストモット」をお使い頂くことで本社本部機能の判別が可能となります。
 ・ハウスリストツールについて
 Q.ハウスリストとは何ですか?
 A.自社で保有するアプローチ先のリストのことをいいます。(営業リストやターゲットリストとも呼ばれることもあります。)ハウスリストツールでは、リスタの「キーワード検索」や「業種×住所検索」で収集されたリストだけではなく、既に保有されているリストから様々な情報を付加することが可能です。
 Q.FAX付加が遅いのですが?
 A.収集方法で「Webからのみ取得」を選択された場合、TEL番号をキーに1件1件Web上を調査しながらデータを収集するため時間がかかります。「データベースからのみ取得」を選択してFAX番号を付加して頂いた後、付加できなかったデータのみ「Webからのみ取得」を選択して検索頂くことで時間の短縮につながります。(「Web+データベースから取得」を選択すると「Web」が優先になります。)
 Q.キーワード検索で「FAX番号も取得する」にチェックを入れた場合と、ハウスリストツールの「FAX」の違いはなんですか?
 A.キーワード検索は指定キーワードをもとに企業検索を目的に行いますが、その際にヒットした同じページにFAX番号が存在した場合に同時に収集します。一方、ハウスリストツールの「FAX」はTEL番号をキーにFAX番号を目的に検索を行います。一度キーワード検索でリスト化を行い、次にFAX番号が付加されていないもののみハウスリストツールの情報付加機能「FAX」を使って頂くことでより多くのFAX番号を取得できます。
 Q.キーワード検索での「メールアドレスオプション」とハウスリストツールの「メールアドレス」の違いはなんですか?
 A.キーワード検索は指定キーワードをもとに企業検索を目的に行いますが、その際にヒットした同じページにメールアドレスが存在した場合に同時に収集します。一方、ハウスリストツールの「メールアドレス」はTEL番号をキーにメールアドレスを目的に検索を行います。一度キーワード検索でリスト化を行い、次にメールアドレスが付加されていないもののみハウスリストツールの情報付加機能「メールアドレス」を使って頂くことでより多くのメールアドレスを取得できます。
 Q.メールアドレスの「ページ内のメールアドレスを全て取得する」とは何ですか?
 A.TEL番号をキーに検索を行ってヒットしたページ内にあるメールアドレス全てを取得します。これによりキーとしたTEL番号との関連性が薄いアドレスも含まれますのでご利用の際は精査が必要です。
 Q.問合せURLの抽出とは何ですか?
 A.読み込んだURLをもとに「問合せURL」を検索します。お問合せ用として開かれた窓口へダイレクトにアプローチできます。なお出力列には検索した「問合せURL」の他「フォームあり」「NGワードあり」「メールアドレス」列が追加されます。「フォームあり」お問合せ用のフォームがある可能性が高い場合に「1」と表示します。「NGワードあり」営業目的での問合せを禁止している先について自動判断し「1」と表示します。「メールアドレス」問合せ用メールアドレスを問合せURL検索と同時に収集しています。(NGワードに「1」と表示されているものはメールについても送信をお勧めしないデータとなります。)
 Q.付加項目を複数選んだ場合、どのように検索件数が消化されますか?選択した項目数×リスト件数分の件数が消化されるのですか?
 A.選択された付加項目の数にかかわらず、1回の検索で読み込まれたリストの件数分が保有検索件数から差し引かれます。(例えば500件のリストに対して付加項目を1つ選んでも3つ選んでも、消化件数は500件分です。)
 Q.電話番号にハイフンがない状態でもデータの付加は可能ですか?
 A.「検索キーの項目と列」に「電話番号」を指定した場合、その電話番号データはハイフン付きである必要があります。なおリスマ内の「リスツール」を使って簡単にハイフン付電話番号に整形することができます。(トライアルエディション(無料)で1,000件まで何度でもご利用頂けます。)操作方法等ご不明点はお問い合わせ下さい。
 Q.データを付加する時間はどれくらい必要ですか?
 A.ハウスリストツールはリスマデータベースサーバーへ接続して付加する項目(企業名・住所・業種・FAX番号の"データベースからのみ取得")と、Web検索を行う項目(FAX番号の"Webからのみ取得" "Web+データベースから取得"・メールアドレス・URL)がございます。
 データベースから付加する場合は1時間で4~5万件程度、Webから付加する場合は2秒に1件程度の付加動作を行います。(あくまで目安となります。お客様のご利用環境によっては検索スピードに差異が生じますのであらかじめご了承下さい。)
 ・チェックツールについて
 Q.FAXチェックツールはどういう時に使うのですか?また「0」や「1」はどういう意味ですか?
 A.DM等のご案内で利用される際に、送信をおすすめしないデータのチェックを行うツールとなります。FAXチェックツールにかけたデータの最後列に「ブラック」列が生成されます。「ブラック」列に「1」がたっているものが送信をおすすめしないNGデータ、「0」がたっているものはDM等の送信が可能なデータとなります。
 Q.メールアドレスチェックツールはどういう時に使うのですか?また「0」や「1」はどういう意味ですか?
 A.DM等のご案内で利用される際に、送信をおすすめしないデータのチェックを行うツールとなります。メールアドレスチェックツールにかけたデータの後列には「メールアドレス所在」「メールアドレスチェック」の2列が生成されます。「メールアドレスチェック」列に「1」がたっているものが送信をおすすめしないNGデータ、「0」がたっているものはDM等の送信が可能なデータとなります。(ただしWeb検索時における様々な理由により検索チェックしきれない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。)
 Q.メールDMを行いたい場合「特定電子メール法」における拒否表示も確認できますか?
 A.確認が可能です。拒否をあらわすワードがメールアドレスが存在したページ内にあれば、メールアドレスチェックツールにかけたデータの後列に生成される「メールアドレスチェック」列に「1」フラグがたちます。(ただしWeb検索時における様々な理由により検索チェックしきれない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。)
 Q.問合せURLチェックツールはどういう時に使うのですか?また「0」や「1」はどういう意味ですか?
 A.DM等のご案内で利用される際に、送信をおすすめしないデータのチェックを行うツールとなります。問合せURLチェックツールにかけたデータの後列には「NGワード」「NGドメイン」列が生成されます。NG列に「1」がたっているものが送信をおすすめしないNGデータとなります。
 Q.データをチェックする時間はどれくらい必要ですか?
 A.チェックツールはリスマデータベースサーバーへ接続してチェックを行う項目(FAX番号)と、Web検索によりチェックを行う項目(メール・問合せURL)がございます。
  データベースサーバーに接続してチェックする場合は1時間で4~5万件程度の付加動作を、Web検索によりチェックする場合は2秒に1件程度の検索動作を行います。(あくまで目安となります。お客様のご利用環境によっては検索スピードに差異が生じますのであらかじめご了承下さい。)
 ・エラーについて
 Q.キーワード検索やメールチェックツール等が20件で終了するのですが?
 A.未認証(試用版)の状態になっていると思われます。ホーム画面の「シリアルキーの変更」、または「リスツール」トップ画面上部の「認証する」をクリックし、お申し込み時にご案内したシリアルキーをコピー&ペーストで入力し「認証する」をクリックして下さい。(ホーム画面に「認証済み」と表示されます。)なお認証にはインターネット接続が必要です。それでも認証されない場合はホーム画面にてライセンス状況をご確認下さい。(ご解約を承っている場合には日付が表示されます。)またリスマ内の「リスツール」や「リストモット」のライセンスシリアルをご入力されていないかご確認下さい。
 Q.「リスタは既に使用されています。」と表示されました。
 A.同一のパソコンで既にリスタが起動(検索)されている状態を表示しています。(複数起動はできない仕様となります。)
 Q.検索を開始して一定時間経過したがほとんど検索が進んでいないのですが?(アクセス制限ではない場合)
 A.スリープモードなどで検索が一時停止状態であった可能性があります。リスタはスリープモードを解除の上ご利用をお願いします。
 Q.「応答しません。スキップ」と赤い文字が時々表示されるのですが?
 A.そのまま検索を続行頂いて問題ありません。リスタは複数の検索エンジンを介して負荷分散を行っておりますが、そのうちの1つ、またはいくつかの検索エンジンにアクセス制限を受けている状態となります。アクセス制限を受けていない検索エンジンを使い検索は続行しておりますが全く検索が進まない場合は検索を停止し、メインメニュー左下「検索エンジン設定」をクリック→ 検索スピード設定のスライドバーを右に動かし検索速度を落として再開をお願いします。それでも検索が進まない場合は、検索する回線を変更して頂くか自然解消をお待ち頂くご案内となります。
 Q.「応答しません。再試行中…」と赤い文字が表示され検索が進まないのですが?
 A.検索エンジン側からアクセス制限を受けている状態となります。リスタは複数の検索エンジンを介して負荷分散を行っておりますが、ご利用環境により制限を受けることがございます。この表示が出て検索が全く進まない場合は検索を停止しメインメニュー左下「検索エンジン設定」をクリック→ 検索スピード設定のスライドバーを右に動かし検索速度を落として再開をお願いします。それでも検索が進まない場合は、検索する回線を変更して頂くか自然解消をお待ち頂くご案内となります。
 Q.「読込元ファイルはテキストファイルでは無いと判断されますが、このまま続行しますか?」と表示されました。
 A.処理可能なCSVファイルではないファイルを読み込んでいる可能性があります。Excel形式(.xls.や.xlsx)等を入力ファイルに指定されていないかをご確認下さい。処理のできないファイル形式のデータで検索等を行った場合も件数を消化しますのでご注意下さい。
 Q.製品版として検索(処理)を開始したが試用版になって検索(処理)が止まっているのですが?
 A.検索を開始後、インターネット環境が切断または不安定だったことによりライセンスの認証ができなかったものと思われます。恐れ入りますがインターネット環境のご確認をお願いします。(再度認証の上検索(処理)の再開をお願いします。)
 Q.なぜシリアル認証が切れるのですか?
 A.同じシリアルキーで他のパソコンでの認証(ご利用)があった(同時起動は1台となります。) またはインターネット環境が切断または不安定になったことにより認証が確認できなかった可能性がございます。(インターネット環境をご確認の上、再認証頂くことで製品版としてご利用頂けます。)
 Q.検索(処理)の開始を確認した後しばらくしてパソコンを確認すると設定した検索(処理)が行われておらず、ソフトも終了していたのはなぜですか?
 A.Windowsの更新や予期せぬシャットダウン等でPCが再起動した可能性がございます。(なおリスタの場合は検索が継続していた時点までのリストは保存先として指定された場所にCSVファイルが生成されております。)
 Q.エラーが発生し検索(処理)が中断したのですが?
 A.ご迷惑をおかけし申し訳ございません。検索条件やエラーが発生した際の状況についての情報と共に、エラーの画面のキャプチャ及びエラーのボックスに表示されているメッセージを全てコピー頂きメモ帳等にテキスト保存の上、弊社サポート窓口までメール送信をお願い致します。お送り頂いた情報をもとに調査させて頂きますが、お問い合わせの内容によってはお時間を頂戴する場合がございますのであらかじめご了承下さい。
■ リストを整理する「リスツール」について
Q.「タイトル行読込」をクリックすると「入力ファイル***が読み込みできません。」と表示され設定ができないのですが?
A.入力ファイルに設定しているファイルが開かれている時に表示されます。該当するファイルを閉じて頂くようお願いします。
Q.「実行する」をクリックすると「入力ファイル***が読み込みできません。」と表示され処理が始まらないのですが?
A.入力ファイルに設定しているファイルが開かれている時に表示されます。該当するファイルを閉じて頂くようお願いします。
Q.「実行する」をクリックすると「保存先が書き込みできません。」と表示され処理が始まらないのですが?
A.出力ファイルに設定しているファイルが開かれている時に表示されます。該当するファイルを閉じて頂くようお願いします。
Q.「ファイルを選択する」をクリックしたのですが加工したいファイルが表示されません。なぜですか?
A.処理しようとしているファイルの形式がCSV/TSV形式以外であると思われます。(Excel形式(.xls/.xlsx)の場合選択候補として表示されません。)リスツールで加工できるファイル形式はCSV/TSV形式となりますのでファイル形式を変更の上処理を再開して下さい。
Q.保存先にファイル名を入力し「実行する」をクリックすると「保存先が入力されていません。」と表示されました。なぜですか?
A.保存先のフォルダ選択アイコンをクリックせず、ボックスにファイル名のみを入力されていると思われます。フォルダ選択アイコンをクリックし、出力データを保存したい場所を指定し「ファイル名」のボックスにファイル名を入力して下さい。
Q.マッチングツールで処理設定を行っていたところエラーボックスが表示されました。
A.「別のプロセスで使用されているため、プロセスはファイル「****」にアクセスできません。」と表示されている場合は入力ファイルに設定しているファイルが開かれている時に表示されます。該当するファイルを閉じて頂くようお願いします。(その他のコマンドもファイルが開いている場合同様のエラーボックスが表示されます。)
Q.処理画面に何も表示されない、また「列を追加する」をクリックすると「列情報:出力列名を入力してください」と表示されました。どうすればいいですか?
A.「タイトル行の読込」を行っていないと思われます。ファイル選択の次の画面で「タイトル行の読込」を行い、項目の構成をリスツールに読み込ませてから実行して下さい。
Q.「タイトル行の読込」を行ったところ項目名ではなくデータが表示されました。どうすればいいですか?
A.タイトル行(項目行)が含まれてないファイルを入力ファイルとして読み込まれた状態だと思われます。リスツールの処理にはタイトル行(項目行)が必ず必要となりますのでタイトル行(項目行)を追加入力して頂いた上でご利用をお願いします。
Q.タイトル行のないリストを加工したいのですが?
A.リスツールの処理にはタイトル行(項目行)が必ず必要となり、タイトル行(項目行)のない状態では処理を行うことができません。Excelやその他でタイトル行(項目行)を追加入力して頂いた上でご利用をお願いします。
Q.タイトル行の追加を行った後、再度「タイトル行の読込」を行いましたが反映されません。なぜですか?
A.リスツールに読み込ませたリストは、同じ名前で保存し内容が変更されてもその変更は反映されませんので、既に選択しているファイルは一度解除し、変更処理を行ったファイルを改めて「ファイルを選択する」またはドラッグ&ドロップで設定して下さい。
Q.リスツールで処理できるファイル形式のCSV・TSVとはなんですか?
A.CSVは「Comma Separated Values」の略でカンマで区切られているデータ形式、TSVは「Tab Separated Values」の略でタブで区切られたデータ形式のことです。どちらもテキストデータ(文字だけのデータ)で互換性が高く、あらゆるソフトに取り込んで閲覧、編集することが可能なため広く使われている形式です。CSV形式が一般的に広く使われていますので通常ご利用頂く際はファイル形式を変更する必要はございません。(CSV形式のままご利用下さい。)
Q.処理を行った結果データが意図しない形で結合してしまっているのですがなぜですか?
A.読み込んだファイルに同じ項目名が重複して存在していると思われます。例えば1つのファイルに「電話番号」という項目列が2列あるとリスツールは違いが判別できないため結合して出力されます。リスツールで処理するファイルの項目名は重複しない状態で読み込んで下さい。
Q.入力ファイルとは異なる項目名に変更して出力することはできますか?
A.可能です。「出力列名」の項目に変更したい任意の項目名を入力して下さい。
Q.「文字列置換」で「置換対象文字」「置換先文字」とはそれぞれ何を指定すればいいのですか?
A.「置換対象文字」は検索する文字列を 「置換先文字」は置換後の文字列を指定する項目となります。例)「さんぷる」を「サンプル」に置換したい場合→「置換対象文字」に「さんぷる」 「置換先文字」に「サンプル」と設定します。
Q.文字列置換で「正規表現」とありますがこれは何ですか?
A.「正規表現」にチェックを入れることで、正規表現を使った文字列置換を行うことができます。(正規表現とは特定の文字列をパターン化して記号で表現する手法のことです。) なお正規表現についてのお問い合わせは承っておりませんのであらかじめご了承下さい。
Q.リスツールで処理をしたデータの特定の列が空白になっていました。なぜですか?
A.リスツールでタイトル行として認識されている項目名と異なる項目名で構成されたファイルが処理された可能性があります。保存したリスツール設定を使われる場合に可能性が高まります。「タイトル行の読込」で認識されている項目名と処理を行うファイルとして指定したファイルの項目名が一致しているかご確認下さい。それでも不明な場合はお問い合わせ下さい。
Q.リスツールで処理したデータをExcelで開いたところ「ファイル全体を読み込む事が出来ませんでした」と表示されデータが一部なくなっているのですが?
A.リスツールで処理するファイル形式はCSV/TSVとなっておりますがこの形式に行数の限界はありません。(それを開くアプリケーションで決まります。)最新バージョンのExcelで開いた場合1シート1,048,576行が表示最大行となるため、これより行数の多いデータは途切れた状態で表示されますがデータ自体が削除されているわけではございません。データを分割されるか、Excel以外(Accessやテキストエディタ等)でご利用下さい。
Q.何行のデータまで処理できるのですか?
A.リスツールを実行されるパソコン環境(パソコンスペック)に左右されるところが大きく、よって何行まで処理できるかというご質問について明確なお答えを致しかねます。
Q.同じ加工処理を定期的に行うのですが、その都度処理設定を作成しなければなりませんか?
A.作成した設定を保存することが可能です。右上の新規保存アイコンをクリックし、任意の名前を付けて設定を保存することができます。次回は保存したリスツールファイルのアイコンをダブルクリックして頂くか、右上のフォルダアイコンをクリックし、使用したい設定を選択することで保存した設定を読み込み、再利用することが可能です。
Q.リスツールで処理を開始したところ「***を作成しました。(試用版制限により1000件で処理を終了しました)」と表示されました。
A.未認証(試用版)の状態になっていると思われます。ホーム画面の「シリアルキーの変更」、または「リスツール」トップ画面上部の「認証する」をクリックし、お申し込み時にご案内したシリアルキーをコピー&ペーストで入力し「認証する」をクリックして下さい。(ホーム画面に「認証済み」と表示されます。)なお認証にはインターネット接続が必要です。それでも認証されない場合はホーム画面にてライセンス状況をご確認下さい。(ご解約を承っている場合には日付が表示されます。)またリスマ内の「リスタ」や「リストモット」のライセンスシリアルをご入力されていないかご確認下さい。
 ・エラーについて
 Q.検索(処理)の開始を確認した後しばらくしてパソコンを確認すると設定した検索(処理)が行われておらず、アプリケーションも終了していたのはなぜですか?
 A.検索を開始後、インターネット環境が切断または不安定だったことによりライセンスの認証ができなかったものと思われます。恐れ入りますがインターネット環境のご確認をお願いします。(再度認証の上検索(処理)の再開をお願いします。)
 Q.導入時認証を行い利用しました。改めて利用しようとしたところ認証が切れていました。なぜシリアル認証が切れるのですか?
 A.同じシリアルキーで他のパソコンでの認証(ご利用)があった(同時起動は1台となります。) またはインターネット環境が切断または不安定になったことにより認証が確認できなかった可能性がございます。(インターネット環境をご確認の上、再認証頂くことで製品版としてご利用頂けます。)
 Q.「リスツールは既に使用されています。」と表示されました。
 A.同一のパソコンで既にリスツールが起動(使用)されている状態を表示しています。(複数起動はできない仕様となります。)
 Q.検索(処理)の開始を確認した後しばらくしてパソコンを確認すると設定した検索(処理)が行われておらず、アプリケーションも終了していたのはなぜですか?
 A.Windowsの更新や予期せぬシャットダウン等でPCが再起動した可能性がございます。お手数ですが再操作をお願いします。
 Q.「読込元ファイルはテキストファイルでは無いと判断されますが、このまま続行しますか?」と表示されました。
 A.処理可能なCSVファイルではないファイルを読み込んでいる可能性があります。Excel形式(.xls.や.xlsx)等を入力ファイルに指定されていないかをご確認下さい。
 Q.エラーが発生し検処理が中断したのですが?
 A.ご迷惑をおかけし申し訳ございません。検索条件やエラーが発生した際の状況についての情報と共に、エラーの画面のキャプチャ及びエラーのボックスに表示されているメッセージを全てコピー頂きメモ帳等にテキスト保存の上、弊社サポート窓口までメール送信をお願い致します。お送り頂いた情報をもとに調査させて頂きますが、お問い合わせの内容によってはお時間を頂戴する場合がございますのであらかじめご了承下さい。
■ リストに情報を付加する「リストモット」について
Q.それぞれの項目の使用ポイントは何ポイントですか?
A.リスト付加画面右上の「使用ポイント一覧」のリンクをクリックすることでご確認頂けます。
Q.何ポイント残っているか知りたいのですが?
A.ホーム画面の「件数/ポイント」からご確認頂けます。
Q.ポイントはどのように使用されますか?
A.付加動作を行った後「使用ポイントの確認」のボックスが表示されますので、付加件数・使用ポイントを確認して下さい。問題なければ「実行する」を、やり直す場合は「キャンセル」をクリックして下さい。
  「実行する」をクリックすると実際に処理を実行し、保有ポイントから処理ポイントが差し引かれます。キャンセルした場合はポイントは使用されません。
Q.「使用ポイントの確認」ボックスを閉じてしまったのですが、もう一度確認することはできますか?
A.再度付加動作を行って頂き「使用ポイントの確認」のボックスで付加件数・使用ポイントを確認して下さい。「使用ポイントの確認」のボックスで「実行」をクリックしない限りポイントは消化されませんので、何度でも確認することが可能です。
Q.「ポイントが不足しているため全件に適用されませんが、続行してよろしいですか?」とはどういう意味ですか?
A.指定した項目情報を全て付加するためのポイントが不足している状態です。「実行する」をクリックすると現在保有しているポイント内での付加処理を行います。
Q.残っているポイントは翌月以降どうなりますか?
A.ご利用されなかったポイントは翌月に繰り越されます。(ご契約が続く限り全て繰り越されます。ただし解約時をもってすべてのポイントは失効します。)
Q.リストモットのポイントが不足しました。どうしたらいいですか?
A.追加でポイントをご購入頂くことが可能です。また恒常的にポイント数が超過する見込みでしたらエディション変更も承っております。ご相談下さい。
 ・エラーについて
 Q.「製品版ではないので実行できません」と表示されました。
 A.未認証の状態になっていると思われます。ホーム画面の「シリアルキーの変更」、または「リストモット」トップ画面上部の「認証する」をクリックし、お申し込み時にご案内したシリアルキーをコピー&ペーストで入力し「認証する」をクリックして下さい。(ホーム画面に「認証済み」と表示されます。)なお認証にはインターネット接続が必要です。それでも認証されない場合はホーム画面にてライセンス状況をご確認下さい。(ご解約を承っている場合には日付が表示されます。)またリスマ内の「リスタ」や「リスツール」のライセンスシリアルをご入力されていないかご確認下さい。
 Q.「リストモットは既に使用されています。」と表示されました。
 A.同一のパソコンで既にリストモットが起動(使用)されている状態を表示しています。(複数起動はできない仕様となります。)
 Q.導入時認証を行い利用しました。改めて利用しようとしたところ認証が切れていました。なぜシリアル認証が切れるのですか?
 A.同じシリアルキーで他のパソコンでの認証(ご利用)があった(同時起動は1台となります。) またはインターネット環境が切断または不安定になったことにより認証が確認できなかった可能性がございます。(インターネット環境をご確認の上、再認証頂くことで製品版としてご利用頂けます。)
 Q.検索(処理)の開始を確認した後しばらくしてパソコンを確認すると設定した検索(処理)が行われておらず、アプリケーションも終了していたのはなぜですか?
 A.Windowsの更新や予期せぬシャットダウン等でPCが再起動した可能性がございます。お手数ですが再操作をお願いします。
 Q.「読込元ファイルはテキストファイルでは無いと判断されますが、このまま続行しますか?」と表示されました。
 A.処理可能なCSVファイルではないファイルを読み込んでいる可能性があります。Excel形式(.xls.や.xlsx)等を入力ファイルに指定されていないかをご確認下さい。
 Q.処理中にエラーが発生し検索(処理)が中断したのですが?
 A.ご迷惑をおかけし申し訳ございません。検索条件やエラーが発生した際の状況についての情報と共に、エラーの画面のキャプチャ及びエラーのボックスに表示されているメッセージを全てコピー頂きメモ帳等にテキスト保存の上、弊社サポート窓口までメール送信をお願い致します。お送り頂いた情報をもとに調査させて頂きますが、お問い合わせの内容によってはお時間を頂戴する場合がございますのであらかじめご了承下さい。

マニュアル

使い方動画

  • ○リスマ インストール&初期設定
     


  • ○リスタ キーワード検索
     (企業情報ページ)


  • ○リスタ キーワード検索
     (Web全体)


  • ○リスタ 業種×住所検索
     


  • ○リスタ ハウスリストツール
     


  • ○リスタ チェックツール
     


  • ○リスツール
     


  • ○リストモット
     


リスマ勉強会

毎月第2水曜日10:30~12:00にて開催しています。(現在はオンライン開催)
リスマの操作説明から、実際の事例までお伝えしています。詳しくはこちらをご覧下さい。

▼過去に会場で行った際の様子です。


  • リスマ勉強会の様子
  • リスマ勉強会の様子

リスマ(リストを作成する「リスタ」)設定集

※主要なサイトの収集が可能なリスタの設定とサンプルデータをダウンロードできます。

※上記に無い設定は弊社サポートまでお問い合わせください。
 1契約者様につき月1回まで作成代行させていただきます。