2020.11.19

無料開催

(木)

越境EC
輸送ネットワーク総点検!!

~コロナで気づいた、EMS一本化リスク~

お申込

主催:にほん営業科学株式会社 物流事業部

セミナー概要

Overview

越境ECにおいて、無くてはならないEMSですが
コロナ禍でリスクが浮き彫りになりました。

集荷停止により、多くの事業者は
売上が激減し、苦境に立たされています。

徐々に再開しているものの
第2波が来て、また停止したとしたら…?

同じ状況に陥らないためにも、いま必要なことは
“輸送ネットワークの見直し”です。

DHL・FedEx・UPS・OCS・SF EXPRESS・ヤマト・佐川・etc…

平常時からエリア・商品に応じて最適な使い分ける事業者は
コロナ状況下でも売上を伸ばしています。

自社にとって最適な輸送ネットワークをどう構築すべきか、
コロナ第2波にどう備えるべきか、本セミナーにてEC物流のプロがお伝えします。

越境ECに取り組む事業者様は、是非ともご参加ください。

※当日はEC特化型 物流倉庫見学会もご用意しています※

開催概要

Summary

開催日

2020.11.19(木)

開催時間

14:00~17:00 13:45より受付開始

定員

10社 1社1名までとなります

費用

無料

会場

SHビル8階セミナールーム
神戸市中央区港島中町6丁目4-2

倉庫見学の様子

コンテンツ

Contents

第1部 物流資材編

  • 国内⇔海外で変わる、最適な物流資材

第2部 輸送ネットワーク編

  • エリア・商品で変わる、最適な輸送網
  • EMS一本化のリスク
  • どう備える?コロナ第2波

第3部 倉庫管理編

  • 国内⇔海外で変わる、最適な倉庫
  • スムーズな流れをつくる、倉庫の役割
  • EC成長のための物流アウトソーシング

第4部 EC特化倉庫 現場見学会

  • セミナー参加者限定 物流ノウハウを大公開

講師紹介

Lecturer

中村 宗寛

株式会社エスグロー 執行役員 MCD事業部 部長

プロフィール
1979年生まれ兵庫県出身。株式会社エスグロにー2000年5月入社し、大手物流倉庫で様々な物流部署を管理中国・香港・ベトナムでの物流構築を推進し大きな成果を出す。2009年EC物流アウトソーシング事業開始自社でのEC販売・EC物流網の構築。社内インフラ整備のシステム構築のスペシャリスト

川西 潤

にほん営業科学株式会社 物流事業部 部長

プロフィール
物流改善・人材育成・組織コンサルタント。企業のビジョンに照らし合わせ、その会社らしさの切り口から物流改善や人材育成、組織力向上を展開する。1982年生まれ 兵庫県出身、佐川印刷(株)に14年間勤務。 大手工具メーカー、アパレルメーカーのカタログを多数受注、 佐川急便(株)の関西最大店舗大阪店を担当。 先進的ロジスティクスプロジェクトチームチーム「GOAL」 メンバーとして活躍。 その後SGホールディングス京都本社担当。多数の実績を積み 5年連続目標売上・利益達成の印刷・物流のスペシャリスト。

石島 次郎

株式会社ペガサスグローバルエクスプレス EC事業部

プロフィール
営業職や物流業界での経験を経て現在の会社に入社。地域の産業に密着したフィールド営業を経験後、EC事業部の基礎となるサービスに着手。現在は新規ビジネス参入事業者の発送業務のサポートを担う。また、新規グローバル物流レーンの開発や、訪日客に対しての個人向け転送サービスなど開発中。

お申込
はコチラ